2015年6月15日月曜日

Mozilla Thunderbird 38.0.1 より Googleの認証システム(OAuth2)に対応!!

Gmailヘルプフォーラムの注目ユーザーの方からの情報でチェックしてみると、
これは朗報な感じですね!
安全性の低いアプリがアカウントにアクセスするのを許可する」必要も、2段階認証のためのアプリ固有のパスワードも不要になりました。ただし、IMAP接続とSMTP接続に限ります。POP3接続の場合には上記が引き続き必要になります。

個人的には、カレンダープラグイン「Lightning」が本体に統合されたのが気になります。

Thunderbirdの設定


設定し終わったら、下記のような設定になっています。
送信については 465ポート(SSL/TLS)を使うことをお勧めします(587ポート / STARTTLS ではなく)

受信設定


送信設定





以下、新規作成の場合、自動処理できるのは MXレコードが Gmailの場合のみです。
具体的に新規追加してやってみましょう。

GmailをIMAP接続する例


  1. アカウントを追加します。
  2. Gmailなら自動で下記のように設定を探してくれます。
  3. 「完了」ボタンをクリックすると、Googleのログイン画面が別ウィンドウで立ち上がります。
  4. 2段階認証を有効にしていた場合のみ、下記の確認コード入力画面がでます。
  5. 完了したら、アプリによるアクセス許可画面が出てきます。
  6. 承認したら設定完了!です。簡単ですね!!

パスワード管理はどうなってるの?


従来は、Thunderbirdにパスワードが保存されていました。

  • 設定→セキュリティ→パスワード→保存されたパスワード

Thunderbird側で暗号化もできて、それを復号化すると生パスワードを表示できました。
しかし 38.0.1になってから新規追加したGmailアカウントについては、生パスワードは保存されないようになってますね。




これまでは、imap://imap.gmail.com などから始まって、パスワードはThunderbird上で見えていました。新しい設定では、oauth://accounts.google.com になってパスワードは長いもの文字列になってしまってますね。

なのでIMAP接続されているなら、アカウントは作りなおしたほうが安全性が増すとは思います。


2015年6月15日 @kimipooh
2016年4月12日 加筆修正
















0 件のコメント:

コメントを投稿

Google+ Badge